光を当てるだけでバストアップ!光豊胸ってどんなもの?

安全で痛みもない新しい豊胸方法

女性の象徴と言える胸は、形がよく大きい方が理想的と言われていますが、大きくしたいからといってメスを使用する豊胸手術は怖いし、傷が残ったらイヤですよね。最近、そのような女性の希望を叶える豊胸方法として「光豊胸」という方法が注目されています。光豊胸は、近赤外線を胸に照射することで脂肪細胞の周辺組織の体液の浸透圧を下げることで脂肪細胞を膨張させることが可能なので、バストアップするという仕組みです。また、機器が発する波動振動が血液やリンパに作用することで新陳代謝が高まり、乳房が成長しやすくなる、女性ホルモンを活性化したり、正常化させるといった効果、胸を支えるクーパー靭帯に光が照射されることでコラーゲンが新生され、靭帯が強化されるという作用もあるんですよ。

近赤外線は安全なの?

近赤外線は人の目で見ることはできませんが、浸透率は高いため人体に吸収されやすいという特徴があります。また照射しても痛みを感じることもなく、人体に悪影響をもたらすことはほとんどありません。また、肌に照射することでくすみや乾燥、肌荒れの解消、むくみやシワ、たるみ、シミなどの改善、生理痛や生理不順、更年期障害、不眠症などにも効果があると言われているので、豊胸だけではなく、様々なエステや医療機関で使用されている光でもあるんです。

メリットが多い光豊胸

光豊胸は、胸に光を照射するだけの施術なので、メスを使うことはありません。また、施術は短時間で終わりますし、仕上がりもとても自然です。さらに、バストアップだけではなく、美肌効果が得られたり、女性特有の症状も軽減するので、女性にはぴったりの施術です。ただ、一度の施術で大幅にバストアップすることはできないので、10回から15回施術を受けて、平均1.5カップほどのバストアップになります。2カップ以上バストアップしたい場合は他の方法を検討する必要があります。

豊胸というとシリコンバッグというイメージですが、最近人気なのが、ヒアルロン酸注入です。メリットは手術不要で所要時間はわずか20分程度、サイズは注入する量次第ということでしょう。